モンゴル企業社長、総連本部落札は「ビジネス目的」

印刷

   再入札が行われていた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)本部を落札したモンゴルの「アバール・リミテッド・ライアビリティー・カンパニー」のチュワーメト・エルデネバト社長が2013年10月25日、首都ウランバートルで日本メディアと会見し、落札は「ビジネスが目的」と述べ、政治的背景はないとの見方を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中