民主党、与党時代の汚染水対策「大いに反省」

印刷

   民主党の大畠章宏幹事長は2013年10月24日の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所の汚染水問題に対する民主党政権の対応について「大いに反省しなければならない」と述べた。汚染水流出を防ぐ遮水壁の設置が見送られたことが不適切だったとの認識を示しながら、「当時は原子炉を冷却することにすべての神経を使っていた」と釈明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中