みのもんた、会見で前言を翻す 「父親である私の責任」

印刷

   次男が窃盗容疑で逮捕され、TBS系「みのもんたの朝ズバッ!」と「みのもんたサタデーずばッと」を降板したみのもんたさん(69)が2013年10月26日、都内のホテルで会見した。

   紺色のスーツに緑と紺のネクタイ姿で登場したみのさんは、多くの報道陣に向かって30秒ほど頭を下げ、「私のことで、たいへん世間をお騒がせしまして、誠に申し訳ございません」と謝罪した。降板理由について、「親としての道義的責任を感じたので、自分にとって一番つらい道を選んだ」と説明した。「しゃべるという世界から離れることが一番苦しい判断」だったという。

   9月21日の文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」では、成人した息子の事件で親が責任を問われることに懐疑的な態度を示していたが、会見では「思いの変化が出てきた」と発言。「親子の縁は切らない。間違いなく我が子だ。どこかが狂って社会に送り出したのだ。その責任は、父親である私にあります」として、自らに責任があることを認めた形だ。

   朝ズバッ!とサタデーずばッとの降板はTBSが10月25日に正式発表した。なお、文化放送の「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」と日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」については、みのさんが辞退を申し入れたが、局側から慰留されたため、出演を継続する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中