2019年 7月 23日 (火)

「店は下見だけ、買うのはネット」 ZOZOTOWN新商法は流通革命起こすか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、実際の店舗で商品を下見して、インターネットで買う、新しいショッピング体験を提案する新サービス「WEAR」を、2013年10月31日から開始する。

   店は下見するだけという「ショールーミング化」の進行に、大型商業施設などは戦々恐々だが、果たして消費者に受け入れられるのか――。

コーディネート画像で友だちから意見をもらう

ZOZOTOWNの新サービス「WEAR」がはじまる(画像は、「ZOZOTOWN」のホームページ)
ZOZOTOWNの新サービス「WEAR」がはじまる(画像は、「ZOZOTOWN」のホームページ)

   スタートトゥデイの新サービス「WEAR」は、ファッションに特化したスマートフォンの無料アプリケーションで、コーディネート画像やバーコードスキャン機能などを提供。ブランド店で商品のバーコードを撮影すると、その商品をインターネットで比較したり、友だちに意見を聴いたりしながら、手軽に購入できるサービス。

   参加ブランドは、UNITED ARROWSやURBAN RESEARCH、TOPSHOP、snidelなどの10~20歳代に人気の約200ブランドが決まっている。

   同社は「消費者とその友だち、ブランド、ショップの店員をつなぐことで、よりファッションが楽しめる、新しいショッピング体験を提供したい」と話す。

   「WEAR」の機能は3つ。著名人やショップの店員、一般消費者が投稿するコーディネート画像を検索して、自分の好みのコーディネートを探すことができる「コーディネートレシピ機能」と、すでに自分が持っている洋服をアプリ内に保存して管理でき、商品購入時の参考にできる「マイクローゼット機能」がある。

   ポイントは「バーコードスキャン機能」。実際の店で、気になる洋服の商品タグに印字されているバーコードを読み取ると、価格や色などの商品情報や、その商品を使ったコーディネート画像などにアクセスできる。

   スキャンするだけでWEBに情報を保存できるので、他の商品との比較や友人とのシェアが可能になり、たとえば友達から、悩んだ末に買わなかった洋服のアドバイスや、「買っちゃいなよ」といったコメントがもらえたりする。

   そういったやり取りをもとに、再び店に足を運んで商品を購入したり、帰宅後にブランドの自社サイトやZOZOTOWNで注文したりできる。店に色やサイズがなかったときにも便利だし、ネットで買えば持ち帰る手間も省ける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中