14年春の花粉、平年より1割増の見通し 東海以西では5割増の県も

印刷

   ウェザーニューズは2013年10月30日、14年春の花粉飛散傾向を発表した。

   平年と比較すると1割程度多いと見込まれ、全国的に飛散量が多かった13年の8割程度になりそうだという。

   地域別で見ると、平年並みか平年より少ない地域が多いが、13年夏によく晴れて猛暑に見舞われた東海以西、特に兵庫、鳥取、徳島、佐賀では平年より5割多い飛散が見込まれる。

   同社は2月以降から徐々に花粉飛散量が増えていくとし、早めの事前対策を呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中