2018年 7月 18日 (水)

対馬仏像盗難、二審も実刑 「組織的かつ計画的な犯行」

印刷

   長崎県対馬市から、国の重要文化財「銅造如来立像」など2体の仏像が韓国人窃盗グループにより盗まれた事件で、韓国・大田高裁は2013年10月30日、懲役3~4年の実刑を下した一審判決を支持し、被告3人の控訴を棄却した。判決では、被告らが同様の犯罪を繰り返しており、犯行は「組織的かつ計画的」なものだとした。

   この事件では、盗難された仏像2体の元々の所有者を名乗る韓国寺院が仏像を日本に返却しないよう訴え、大田地裁がこれを認める仮処分を下している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中