2018年 7月 19日 (木)

山本太郎議員に与野党から批判 下村文科相「議員辞職もの」

印刷

   2013年10月31日に開かれた秋の園遊会で山本太郎参院議員が天皇陛下に手紙を手渡した問題で、与野党から批判が相次いだ。民主党の大畠章宏幹事長は同日の会見で「一つのマナーというのがある。国会議員だから何をしてもいいということではない」と批判した。下村博文文部科学相も11月1日午前の閣議後会見で、「議員辞職もの。まさに政治利用そのもの」と強い不快感を示した。

   加藤勝信官房副長官も同日午前の会見で、 「国会議員が直接陛下に手紙を渡し、自らの政治的主張を伝えようとするかのような今回の行動というのが適切なのかどうか。まずは本人、議員自身が常識的に判断されるべき」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中