外務省文書で「韓国批判」か 産経報道

印刷

   韓国による近年の「慰安婦」に関する主張について、外務省が2013年10月末、韓国政府を批判する文書をまとめたと報じられた。産経新聞が2013年11月5日付朝刊トップで掲載している。文書では、慰安婦問題が日韓請求権・経済協力協定で「完全かつ最終的に解決済み」とされているにもかかわらず、韓国側が1990年代前半以降この態度をひるがえし、地方自治体や民間団体などとともに海外などへ働きかけを行っていると指摘しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中