BSフジ、「四万十川のカワセミ」都内で撮影 番組打ち切りに

印刷

   BSフジが2013年10月23日に放送した5分間番組「風の見た自然たち」で、高知県の四万十川流域のカワセミだとされた映像が、実際は東京都葛飾区の公園で撮影されていたことが明らかになった。BSフジは10月30日の放送で謝罪し、番組を打ち切った。制作会社が撮影を依頼したカメラマンが、四万十川でカワセミが川に飛び込む様子を撮影しようとしたがうまくいかず、都内で撮り直したという。カメラマンは制作会社に撮影場所を伝えていなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中