2021年 7月 31日 (土)

格安航空バニラエア、スタートでつまずく サイトがダウン、アクセス遮断で「炎上」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   搭乗率が低迷した「エアアジア・ジャパン」を衣替えする形で再出発する格安航空会社(LCC)のバニラエアが、チケット販売開始直後から利用者の批判を浴びている。

   エアアジア時代に「使いにくい」と評判だったウェブサイトの改善を宣言していたにもかかわらず、発売初日にダウン。現時点では台湾から購入出来ないことを告知していなかったため、台湾の利用者は購入可能だと誤解した。このため、「差別だ」といった声も相次いだ。

1000円のキャンペーン運賃で注目集めたのが災い?

バニラエアは12月20日に成田と台北(桃園)、沖縄(那覇)を結ぶ路線を開設する
バニラエアは12月20日に成田と台北(桃園)、沖縄(那覇)を結ぶ路線を開設する

   バニラエアは12月20日、成田空港を拠点に沖縄(那覇)、台北(桃園)を結ぶ2路線でスタートする。14年1月29日に札幌(新千歳)、3月1日にソウル(仁川)便も開設予定だ。

   11月1日に4路線の予約が始まったが、片道1000円のキャンペーン運賃で注目を集めたのが災いしたのか、サイトオープン直後からアクセスが殺到。またたく間につながらなくなった。

   エアアジア・ジャパンの低迷は、「マレーシア仕様」とも言えるウェブサイトの使いにくさが一因で、石井知祥社長が10月26日に報道陣の前で

「大幅に改善する。ウェブが苦手な人でも(予約が)取りやすい」

と宣言したばかり。それだけに、利用者からの批判が相次いだ。

   サイトは11月1日正午にオープン。この時点で予約対象の便が検索できなくなっていたが、キャンペーン運賃の販売が始まった15時には、トップページの表示すらできなくなった。ウェブサーバーのメモリを1.5倍、回線を3倍、台数を2倍に増強するなどした結果、23時45分には予約ができるようになった。

   これらの対策のひとつが、台湾の利用者の怒りを買った。台湾からのアクセスを一時的に制限したためだ。台湾でのチケット販売が始まっていない上、「台湾からのアクセスが日本を大きく上回る不自然な状況」だったことがその理由だが、日本でしか販売されていないことが「差別」だとの声が続出し、フェイスブックのコメント欄が炎上した。

   バニラエアはウェブサイトやフェイスブックで

「弊社における台湾発・韓国発航空券販売は、政府・関係機関の許可・承認が必要となっております。台湾・韓国における販売開始時期については、改めてご案内させて頂きます」

と説明したが、これが結果的に火に油を注ぐことになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中