ティラノサウルス新種の化石発見 「流血王」と命名

印刷

   米ユタ自然史博物館のチームがティラノサウルスの仲間とみられる新種の化石を見つけ、米科学誌プロスワンに2013年11月7日発表した。ユタ州南部の地層から発掘された化石の大きさから、体長は約8メートル、重さ約2.5トンだったと推測されている。「流血王」を意味する「ライスロナクス・アルゲステス」と名付けられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中