2021年 4月 13日 (火)

鳥栖市公式ゆるキャラが「アナル」「われめ」… ラジオで「問題発言」、活動自粛か

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

まさに「瀬戸際のとっとちゃん」

   番組中盤、リスナーから届いた「女性器のゆるキャラを描いてください」とのメールを紹介すると、久保さんが「『とっとちゃん』ならぬ『ちっつちゃん』ですね」と反応。すると突然、とっとちゃんが「とっとちゃんの方が気持ちいいですとっと」と言い放った。あわてた久保さんが、

「ゆるキャラはそういうところで、ゆるくあっちゃ駄目なんだよ! 譲っちゃいけない『ゆるさ』があるんだよ!」

と制するも、とっとちゃんは「とっとちゃんの方が気持ちいいですとっと」を繰り返した。

   その後も女性器をモチーフにしたキャラクターの絵を見て「かわいいなあ、とっと」、脈絡なく「ビラビラだとっと」「男性器すごい、とっと」などと発言。「アナル」の正しい発音を指摘したり、能町さんが「チツコさん」なるキャラクターを考えると、「われめとっと」とコメントを重ねる場面もあった。

   西日本新聞の報道を受け、ネットでは

「やっぱり市のサイトから削除されたのはラジオが原因だったか…せっかくブレイクしそうだったのにな」
「最初からそういうキャラならともかく、とっとちゃんの声は9年も経ってからの後付けだから。イメージ壊されたって人も多いと思う」
「エロ話をするトークショーでエロ的なセリフ喋ったら抹殺か。ひどい話だな」

などのコメントがみられる。

   同じく委託業者によるツイッター発言が問題になった北海道・長万部のゆるキャラ「まんべくん」を思い出す声や、黒柳徹子さんのベストセラーエッセイ「窓ぎわのトットちゃん」をもじって、「瀬戸際のとっとちゃん」だという反応もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中