2018年 7月 22日 (日)

名門「ジュビロ磐田」 初のJ2降格が確定

印刷

   サッカーJ1のジュビロ磐田が2013年11月10日のリーグ戦第31節でサガン鳥栖に0対1で敗れ、初のJ2降格が決まった。

   Jリーグでは、J1の16位以下となった3クラブが来シーズンにJ2へ降格することになっている。ジュビロは勝ち点20の17位で、10日の試合で引き分け以下ならばJ2降格が決まる状況だった。結果は0対1で、今シーズン3試合を残して16位以下が確定。97年、99年、02年と3度の優勝を飾った名門がクラブ至上初の降格となった。

   同日にはジュビロ磐田を運営するヤマハフットボールクラブの代表取締役、高比良慶朗氏によるコメントが公式サイトに掲載された。「降格という結果を真摯に受けとめ、クラブ一丸となって1年間で何としても『J1』に復帰する覚悟で臨みます」として、「今後ともジュビロ磐田と共に戦っていただきますよう、変わらぬご声援をよろしくお願い申し上げます」とサポーターへ呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中