2019年 3月 26日 (火)

7000万円以上も植毛に使った?? 板東英二の復帰釈明に驚きの声

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「カツラは経費で落ちるが、植毛は経費で落ちなかった」。個人事務所の申告漏れを指摘されてからタレントを休業している板東英二さん(73)が復帰会見でこう釈明したことが、ネットで論議になっている。

   涙を拭う様子で語った会見で出てきたのは、唐突な告白だった。

カツラと植毛で違いがある可能性

ブログでも復帰を釈明
ブログでも復帰を釈明

   「20年近く、ずっと植毛をやってまいりました」。板東英二さんは、突然こう切り出すと、国税局と「見解の相違」があったケースについて説明を始めた。

「カツラが経費として落ちると聞いておりましたので、植毛も落ちると思っておりました。植毛は美容整形と同じだと言われまして、初めて分かりました」

   この発言が出ると、会見場からは驚きの声が上がった。

   板東さんは、2012年12月に名古屋国税局から7年間で7500万円の申告漏れを指摘されている。当初は、うち5000万円が取引先への架空外注費などに使われ、所得隠しと認定されたと報じられたが、会見では、脱税の意図について否定した。すると、植毛を経費に上げてしまったことが主な見解の相違だと言いたかったのか。

   この点について質問が出ると、板東さんは、植毛の経費計上を「かなりの金額」と明かしたものの、肝心の金額については明かさなかった。結局、申告漏れの全容は分からず、ネット上では、これでは説明が不十分だとの声も漏れている。

   そもそも、カツラは経費に認められ、植毛は認められないというのは本当なのか。

   ネット上では、税の専門家からも発言が相次いでおり、それによると、カツラと植毛で違いがある可能性は確かにあるというのだ。

   税理士の岩松正記さんは自らのブログで、カツラについて、仕事だけに使い、プライベートな時間は外せるため、国税から仕事に必要と認定されれば経費になると説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中