2020年 4月 9日 (木)

仙台で逃走後に出頭したドイツ人容疑者 東北大医学部生ら数人も殴っていた?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   仙台中央署での取り調べ中に逃走し、追い詰められて出頭したドイツ人の男は、ホテル従業員を殴った逮捕容疑のほかにも、数人を殴っていた疑いが浮上している。粗暴癖があると報じられているが、いったい何者なのか。

   自称大学生というシューツ・ペトロ・ウラジミロビッチ容疑者(25)は、指名手配写真を見ると、黒縁のメガネをかけ、やや神経質そうには見える。

「金を盗ったうえに3発も殴ってきた」

   しかし、そもそもの逮捕容疑は、それからでは想像もできない、かなり不可解で粗暴なものだった。

   報道などによると、ウラジミロビッチ容疑者は2013年10月30日夜、宿泊しようとしたJR仙台駅前のホテルで、男性従業員2人を殴ったり蹴ったりする暴行を加えたとされる。2人は頭などにケガを負い、1人は左目奥の骨を折る大ケガをした。その結果、31日夕になって傷害の疑いで緊急逮捕されている。

   ウラジミロビッチ容疑者は、10日前にこのホテルに宿泊し、ラーメンの無料サービスを知らされなかったとしてクレームを付けていた。その後も、3、4回訪れて苦情を言っていたといい、暴行もホテルに腹を立てたかららしい。ネット上では当時、なぜこんなクレームで暴行までするのかと話題になった。

   今回、指名手配写真が報じられると、ツイッターなどでは、逮捕前にウラジミロビッチ容疑者に会ったという目撃情報が相次いだ。

   東北大医学部3年の男子学生は、自らのツイッターで、医学部敷地内で10月30日に信号待ちをしていたところ、金を盗ったうえに殴ってきた外国人がおり、それはウラジミロビッチ容疑者だったと明かした。

   学生のツイートによると、当時盗まれて外国人と口論したところ、外国人が3発も殴ってきたというのだ。学生はアゴにケガをし、警察に通報したところ、宮城県警がヘリまで出動させて外国人を追跡したのだそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中