「差別行為」選手もサポーターもレッドカード 日本サッカー協会

印刷

   日本サッカー協会は、人種差別行為などを行った選手に対し最低5試合の出場停止処分および10万円の罰金などを科す懲罰規定を新たに設けた。国際サッカー連盟(FIFA)が2013年5月、差別行為への懲罰を義務化したことを受け、11月14日の理事会で決定した。応援を行うサポーターも対象となり、本人やクラブが処分を受けることになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中