2019年 2月 23日 (土)

「義士」なのか「犯罪者」なのか 安重根の評価巡り対立深まる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   東洋平和のために、韓国と日本、そして中国は手を携えるべきだ――伊藤博文を暗殺したことで知られる安重根(1879~1910)は、処刑直前の遺著にこう書き残した。

   没後100年、その安重根の評価をめぐり日本・韓国・中国が対立を深めている。

   きっかけは韓国の朴槿恵大統領が2013年6月、伊藤暗殺現場である中国・ハルビンに、安の記念碑を建てる計画を中国・習近平国家主席にもちかけたことだ。

日本の国会でも「名誉回復」が提起されたことも

「犯罪者」か、それとも「義士」か。安重根の評価は真っ二つに割れている
「犯罪者」か、それとも「義士」か。安重根の評価は真っ二つに割れている

   さらに朴大統領はダメを押すように11月18日、訪韓した中国高官に対しわざわざこの話を持ち出し、建造計画が順調に進んでいることに感謝の意を述べた。菅義偉官房長官もさすがにカチンときたのか、

「我が国はこの安重根については『犯罪者である』(との立場を)、韓国政府に対してこれまでも伝えてきております」

と、不快感を露骨ににじませた。この「犯罪者」発言が韓国に伝わると、即座に「我が国の独立と東洋平和のために命をかけた人物だ。『犯罪者』と表現することは極めて残念」(韓国外務省)とかみつかれた。中国もこれに参戦、「安重根は歴史上有名な『抗日義士』であり、中国でも尊敬を受けている」との声明を発表する。菅官房長官も同日、

「まあずいぶんと過剰反応だな、という風に思いますよ」

と冷ややかに切り返し、さらに議論が過熱することになる。

   韓国では「義士」「英雄」、日本では「犯罪者」――こうした安の「評価」については、日本の国会でも過去に何度か問題提起されたことがある。1984年には社会党の新村勝雄衆院議員が、安を含む韓国統治時代の「政治犯」の名誉回復を提起したが、安倍晋三首相の父・安倍晋太郎外相(当時)は明確な回答を避けた。87年にも「安重根はテロリストに当たるか」が議論に上っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中