スパコンの省エネ世界一に東工大「TSUBAME-KFC」

印刷

   スーパーコンピューターの電力効率を競う世界ランキング「Green500」が2013年11月21日に公開され、東京工業大学が開発したスパコン「TSUBAME-KFC」が1位を獲得した。日本のスパコンでは初となる。

   本体の消費電力と冷却に必要な電力を削減するため、計算機システムを油性の溶媒液に浸す独自の手法を採用している。1ワットあたりの処理性能は4503メガフロップスを記録した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中