2021年 6月 17日 (木)

ソニーが特許出願した「スマートカツラ」 ネットで「発売がハゲしく楽しみや!」と評判

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   グーグルの開発するメガネ型コンピュータや、腕時計のスマートウォッチなど、新しいタイプのデバイスの開発競争が進むなか、ソニーがカツラ型ウェアラブルコンピュータ「スマートカツラ」の特許を出願したことがわかった。

   多くの人が予想もしなかった奇抜なものだったのか、「その発想は無かった」とネットで大盛り上がりとなっている。

周囲の人に着用が気づかれない

「ウェアラブルコンピューティングデバイス」の図
「ウェアラブルコンピューティングデバイス」の図

   「ウェアラブルコンピューティングデバイス」という名で、米特許商標局(USPTO)に出願された特許だ。アメリカの複数メディアが2013年11月21日に報じた。ソニーコンピュータサイエンス研究所の飛田博章氏が発明者で、特許の譲受人がソニーとなっている。米特許商標局のサイトに公開された書類によると、その構想は以下の通りだ。

   カツラや付け毛にセンサーやカメラなどのほか、スマートフォンやタブレットといった別のデバイスと接続できる。メガネ型の端末などと異なり、ウェアラブルコンピュータを使用していると、周囲の人に気づかれないのが特徴という。

   さまざまなデバイスと接続して使用し、頭部にバイブレータを取り付ければ、進行方向をナビゲーションが可能に。GPSを搭載すれば現在地の情報を得ることもできる。センサーでカツラの基準位置からの相対位置がわかるため、ズレているかどうかも確かめられる。

   さらには、ビジネスのプレゼンテーションにも活用できるそうだ。頭部に取り付けたリモコンでスライドをめくったり、レーザーポインターを接続したりすることもできる。

   カツラ型ならではのメリットは、頭部は脚や手、腰などほかのパーツと比べて敏感である点にあるため、としている。したがって、かなり小さい刺激でも感じ取ることができ、低エネルギーかつ小型の作動装置が使える。

   また、人は頭部を本能的に守ろうとする性質があるため、体の別の部分に付けるタイプの端末より、ダメージを受けるリスクが少ないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中