2018年 6月 24日 (日)

熱愛報道のNHK有働アナ メールで「ワキの甘い私です」

印刷

   NHK紅白歌合戦の総合司会を務める有働由美子アナウンサー(44)と一般男性との「手つなぎデート」が2013年11月26日発売の週刊誌「女性自身」に報じられた。

   レギュラー出演している情報番組「あさイチ」でいじられ赤面するなど、幸せオーラ全開の有働さんに、インターネット上でも祝福の声が多数あがっている。ただし「結婚」については明確に否定、あくまで今の形での恋愛を楽しんでいるようだ。

写真からは幸せオーラが溢れていた

「手つなぎ愛」報じられた有働アナ(12年11月撮影)
「手つなぎ愛」報じられた有働アナ(12年11月撮影)

   「女性自身」がデート現場をキャッチしたのは11月下旬のある日のことだ。記事によると、有働アナは都内にある自宅マンションに帰宅した後、40代と思われる内野聖陽さん似の男性と一緒にマンションを出て、晩ごはんの買い出しに向かった。お店では自ら男性の腕に手を回し、高級生ハムを見つけた時には「これ買うの!」と駄々っ子のように甘える姿もみせたという。男性はそのまま泊まったようで、有働さんは翌朝5時にタクシーで出勤し、男性も10時過ぎに家を後にした。掲載されている数枚の写真からは幸せオーラが溢れていた。

   報道後、出演した番組でも幸せそうな様子をみせている。26日放送の「あさイチ」では、さっそく出演者陣にいじられた。有働アナは直前に放送されていた朝ドラ「ごちそうさん」内の夫婦げんかを受け、番組冒頭で「男ってなんであんなにいじっぱりなんだろうね」とコメント。ゲストのつるの剛士さんに意見を求めたのだが、「その話、家帰ってやってもらえません?」と返され、井ノ原快彦さんからも「え、何かあったんですか?」と突っ込まれる。有働さんは「いやいやいや」と赤面しながら笑顔でごまかし、「今日は国会中継のため9時までの放送ですので急いでいきたいと思います!」と強引に軌道修正する微笑ましいシーンがあった。

   また有働アナの熱愛をトップニュースとして取り上げた「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ系)では、一緒にお酒を飲むこともあるという松尾貴史さんが、報道後に本人から「ワキの甘い私です」とメールがきたと話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中