2021年 4月 13日 (火)

KARA、日韓両国で居場所ない? 2014年は活動予定なしと報じられる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   韓国の女性アイドルグループ「KARA」が、日韓両国で2014年の活動予定が決まっていないとされ、解散のうわさまで流れている。5人のうち1人の脱退が確実になったこともあるが、K-POPそのものも曲がり角に来ているらしい。

   神戸市内のライブ会場では、ファンら7000人のコールは止まず、メンバー5人が涙を流して…。報道によると、全国ツアー最終日の2013年11月24日は、KARA の5人がそろうラストであることを印象づける幕切れになった。

日韓関係悪化で、日本での活動難しく

   KARAは2010年に日本でもデビューし、「ジェットコースターラブ」などのヒット曲を連発した。11年末には、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。しかし、日韓両国間で竹島問題が起きると、K-POPに一時の勢いがなくなった。KARAは、日本での活動も続けたが、13年9月にグループの分裂騒ぎを起こしている。

   そして、今回の全国ツアーを持って、5人での活動は終わると報じられた。メンバーのニコルさん(22)は14年1月に脱退し、ジヨンさん(19)も4月の契約更新が決まっていない。韓国の所属事務所DSPメディアはKARAの解散はないとしたというが、14年の活動予定がまだ決まっていないという異常事態だと報じられている。

   日本で契約しているユニバーサルミュージックでも、取材に対し、「日本での今後の予定は、現状ではありません」と認めた。14年の契約についても、「グループが今後どうなるのか分かりませんので、注視しているところです」とだけ言っている。

   ただ、KARAが継続して活動したいとの意向を示しているとして、「解散はないのでは」との見方を示した。

   とはいえ、日韓関係が悪化したままであることから、日本での活動は難しくなっているようだ。

   日本でK-POPを支援している韓国の関係者は、KARAなどK-POP勢が日本のテレビに出演しにくくなったと明かす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中