2019年 11月 16日 (土)

新曲が「ルパン三世」丸パクリ? 韓国人気女性アイドルに批判殺到

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   韓国の人気アイドルグループ「Crayon Pop(クレヨンポップ)」の新曲が、日本のアニメ「ルパン三世」のオープニング部分を盗作しているのではないか、と韓国内で騒ぎになっている。クレヨンポップはこれまでも、日本のアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のグループコンセプトや衣装をパクッたとして韓国内で批判を浴びていた。

   ただ、歌詞の一部に「パクレよ!Ready Go!!」と聞こえる部分があり、実は騒ぎを起こして注目を集める炎上マーケティングのようなものなのではないか、といったうがった見方も出ている。

「全く同じだよ。盗作確定!!!」

パッ、パクリ?(画像は「Crayon Pop」日本公式サイト)
パッ、パクリ?(画像は「Crayon Pop」日本公式サイト)

   クレヨンポップは2012年1月にデビューした5人組で、13年6月に出したシングル「빠빠빠(パパパ)」が大ヒットし、一躍韓国のトップアイドルの仲間入りを果たした。メンバーの平均年齢は23歳で、売れるまでは路上パフォーマンスをしていた苦労人でもあると韓国では伝えられている。

   彼女たちが現在、韓国で批判を浴びているのは13年11月26日に発売したクリスマスソング「Lonely Christmas」だ。冒頭の演奏部分が韓国でも超有名な「ルパン三世」の前奏とそっくりだというのだ。韓国内の掲示板には「クレヨンポップ今回の新曲これは盗作ではないか?」というスレッドが立てられ、そこには、この2曲を聞き比べる検証動画もアップされていて、

「全く同じだよ。盗作確定!!!」
「導入部分のリズムはまったく同じだね、最後のコードが違って・・・あんなリズムは一般的じゃないね・・・」
「彼女は衣装も盗作であり、歌も盗作であり、顔もクソ医師が作っている」

などといった書き込みが出ている。似すぎているためこれは盗作とはいえないし、もし名付けるとしたら「サンプリング」だと主張している人もいる。

   このクレヨンポップ、盗作やパクリでとして批判されることが度々で、デビューしたころは日本の「ももクロ」のコンセプトをパクッたとして話題になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中