2019年 10月 18日 (金)

機動戦士ガンダム監督が「進撃の巨人」コキ下す 「絶対に読みたくないし、評価もしたくない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「機動戦士ガンダム」などの大ヒットアニメを世に送り出している富野由悠季監督(71)が、2013年もっともブレイクしたマンガ「進撃の巨人」を徹底的にこき下ろしているとしてファンの怒りをかっている。

   富野監督は、意気地なしのいじめられっ子が自分の鬱憤を晴らすために書いたような作品であり、過激な性表現以上に公序良俗に反する部分があると断定。自分なら出版させないし「絶対に読みたくない」などと持論を展開している。

意気地なしのいじめられっ子で、その鬱憤を漫画で晴らしている?

叩いてる?ほめてる?(画像は「進撃の巨人」公式サイト)
叩いてる?ほめてる?(画像は「進撃の巨人」公式サイト)

   富野監督は日本大学芸術学部映画科から、アニメ「鉄腕アトム」などの作者、故手塚治虫さんの虫プロに入社し、フリーになってからは「海のトリトン」「宇宙戦艦ヤマト」といった制作に関わってきた。監督としては1975年の「勇者ライディーン」を皮切りに、1979年には社会現象となった「機動戦士ガンダム」を送り出す、といったアニメ界の重鎮中の重鎮だ。

   一方の「進撃の巨人」は13年最も注目された作品の一つで、これまで単行本が11巻、累計発行部数が2500万部以上、海外でもファンが多い大ヒット作品となっている。13年春からアニメ化もされてDVDやBDがバカ売れ。巨人が街を襲う恐怖と、主人公の目の前で母親が食い殺されるというシーンも話題になった。

   そうした中、富野さんが2013年11月19日付けのメールマガジンで「進撃の巨人」を叩いた。作者の諫山創さん(27)について、かつては意気地なしのいじめられっ子で、その鬱憤を漫画で晴らしている、と切り捨てた。そして、あれだけのエロとグロが混じり合う世界をマンガにすることは絶対に認めたくないし、「絵にしてはいけない」

   としたうえで、

「僕個人としては絶対に読みたくないし、評価もしたくない作品なのです。そういう漫画がこうも受けているというのは、今という時代がかなりひどいということ。」

   さらに、そうはいっても作者の諫山創さんは「進撃の巨人」を描かねばならなかった彼なりの理由が垣間見えるし、作品を作り上げるための努力や、漫画家である前に作家になろうとしている努力があるから諫山創さんに関しては許せる、と一応の評価は示した。そして、許してはいけないのは編集者だと話を変えた。編集者の「売れるかも…だったらやっちゃえ!」という思惑があからさまに見えるからだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中