アラファト議長、やっぱり自然死? 当局が「毒殺説」を否定

印刷

   2004年に亡くなったパレスチナ自治政府のヤセル・アラファト議長の死因について、フランス当局が「自然死だった」との鑑定をまとめた。アラファト議長の死をめぐっては毒殺説がささやかれ、10月にはスイスの研究チームが遺品から放射性物質ポロニウム210を検出したと発表していたが、これを覆す形。アラファト議長夫人は2013年12月3日、改めて「毒殺」をメディアに対し主張している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中