2018年 7月 16日 (月)

国家公務員ボーナス、平均は57万円に 昨冬より6500円増える

印刷

   国家公務員に冬のボーナスが2013年12月10日に支給され、管理職を除く一般行政職の平均は57万1800円になった。

   この額は、前年冬と比べて6500円増えている。職員の平均年齢が若干上昇したことなどが影響したという。特別職は、衆参両院議長の390万円が最高額で、首相と最高裁長官は371万円だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中