慶応大学の准教授が児童ポルノ法違反の疑いで再逮捕

印刷

   名古屋市のホテル内で2012年11月に当時中学1年生の女子生徒にみだらな行為をしたとして逮捕された慶応大学の男性准教授(43)が、その時の様子を撮影したとして13年12月10日に児童ポルノ法違反の疑いで再逮捕された。

   警察が容疑者宅を捜索したところ、40人以上の少女の映像などが見つかったため、余罪を詳しく調べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中