2021年 1月 16日 (土)

【J-CASTが見た2013年】第4回
「瀬戸際外交」続けた北朝鮮 「アノニマス」被害に失笑広がる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   北朝鮮の「瀬戸際外交」は2013年も「健在」だった。特に3月には、米韓合同軍事演習に北朝鮮が反発し、一方的に朝鮮戦争の休戦協定破棄を宣言。攻撃対象に在日米軍基地が含まれているという声明も出たため、日本国内にも緊張が走った。

   13年10月発売の電子書籍「仰天!北朝鮮」では、この様子を詳しく紹介している。今回は、その後のニュースも含めてJ-CASTのアクセスランキングから北朝鮮をめぐる1年を改めて振り返る。

金正恩第1書記がブタ画像に差し替えられる

アノニマスによる「ブタ画像」では北朝鮮は大恥をかいた
アノニマスによる「ブタ画像」では北朝鮮は大恥をかいた

   アクセスランキング上位20本のうち、11本が3月~4月の記事で占められている。上記のように情勢が緊迫していたうえ、国際的ハッカー集団「アノニマス」の活動が活発化した時期でもある。

   北朝鮮関係のサイトも不正アクセスの被害を受け、トップページが金正恩第1書記とブタを合成した画像に差し替えられるという珍事が起きた。これは北朝鮮にとっては「大恥」で、騒動をいち早く報じたJ-CAST記事に多くのアクセスが集まった。ランキングでも2位と3位を占めた。

2位:金正恩氏が「ブタ画像」に差し替えられる 北朝鮮サイトに新たなサイバー攻撃
3位:アノニマスが北朝鮮に「宣戦布告」 対外宣伝用サイトからデータ盗み出す?

   攻撃は1度にとどまらず、最も祝賀ムードを演出しなければならない金日成主席の誕生日にも「ブタ画像」に差し替えられるという有様だ。

   J-CASTのコメント欄を見る限りでは、

「違和感がない」
「もっとやれ」
「いやはや、お似合いすぎてワロタ」

と、失笑の声が目立った。

   さらにこの騒動は日本にも波及した。朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」のウェブサイトも攻撃を受け、読者のメールリストが流出。ドメインなどから大学や企業が分かるケースもあり、このサイトをウォッチしながら北朝鮮情報を収集している国内メディア関係者も多数被害を受けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中