小笠原の新島、西之島とつながった 朝日新聞が確認

印刷

   火山噴火によって誕生した小笠原諸島・西之島付近の新島が「成長」をつづけ、ついに西之島につながったことを確認したと、朝日新聞が2013年12月25日に報じた。

   海上保安庁の24日の観測によると、新島と西之島は約10メートル離れていた。朝日新聞社機から撮影された映像や写真を確認すると、2つの島は2か所で陸続きになっている。その間には海水たまり、火山ガスの影響で赤褐色に染まっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中