2019年 11月 14日 (木)

「ハンバーガーは健康によくない」 米マクドナルドの社内サイト助言が話題

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ハンバーガーは不健康、サンドイッチは健康――。米マクドナルドの従業員向けサイトに、写真とともにこんな英文のアドバイスが載っていたと報じられ、注目を集めている。

   チーズがたっぷり乗ったハンバーガーにフライドポテト、それにコーラのようなドリンクが添えてある。従業員向けサイト「マックリソース・ライン」に載ったとされる写真だ。

「本当に従業員のことを考えていたんでしょうね」

助言はもっとも?
助言はもっとも?

   その横には、ハムのようなものを挟んだサンドイッチにサラダ、それに水を置いた写真が並べられた。前者が「不健康なチョイス」、後者が「健康なチョイス」だ。説明文には、油を多く使った食品を避け、野菜が乗ったサンドイッチを健康のために選ぶべきだとある。また、チーズやベーコン、マヨネーズを控え、サラダやスープなどがあるような場所で食べなさいともした。

   さらに、ファストフードは、忙しい人には便利で経済的だとしながらも、高カロリーで脂肪や飽和脂肪酸、糖分、塩分が多く、太り過ぎになる危険があると指摘している。

   こうした情報を米メディアが2013年12月23日に報じると、ネット上では、たちまち話題になった。マクドナルド側が影響を考えたのか、米CNNによると、従業員向けサイトは25日になってメンテナンス中の表示が出て見られなくなった。

   日本でも26日になって一部で報じられ、様々な意見がネット上に書き込まれている。多くは、「言われなくても知ってる」「安くて旨いは高カロリーなものが多いよね」などと冷静な反応だ。一方で、「正直でよろしい」「本当に従業員のことを考えていたんでしょうね」と皮肉る向きもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中