2019年 8月 26日 (月)

ネットはスマホで見る時代? 地図、天気、料理、アダルト・・・ パソコンからのアクセスが減っている

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   スマートフォンの普及が進むのに伴って、サイトもスマホに合わせたデザインが制作され、パソコンからアクセスする必要性が少なくなってきた。料理レシピや天気予報などはスマホのアプリですぐに確認できる。

   そうした影響もあってか、パソコンからのネットサービスの利用が減少しているようだ。Yahoo、Googleなど大手サイトの訪問者数もマイナスになっている。

スマートフォンに移行した転換の年

パソコンよりスマホなのか
パソコンよりスマホなのか

   調査会社ニールセンが2013年12月25日に発表した、日本のインターネットサービス訪問者数ランキングによると、トップ10にランクインしたサイトが2012年と比べていずれもパソコンからの訪問者数が減少した。同社では「ネットサービスの利用がPCからスマートフォンに移行した転換の年となった」と分析している。

   調査には、4万人以上の「オンライン視聴者パネル」から集めた1月から10月までのデータを使用した。訪問者数の総合ランキング1位が「Yahoo!JAPAN」(対前年比7%減)、2位「Google」(9%減)、3位「FC2」(11%減)という減少ぶりで、4位「YouTube」は8%減、5位「楽天」も8%減だった。

   またニールセンの発表した別の調査では、スマートフォンからのインターネット利用者数(アプリ利用・サイト訪問)が、パソコンからの訪問者数の65%に及んだ(2013年10月)。カテゴリ別に見ると「コミュニケーション」「地図、一般旅行情報」、「天気」の利用が多く、「食品、料理」にいたっては20、30、40代それぞれ世代で、スマホからのサイト利用者数がパソコンを上回っていた。

   同社シニアアナリストの中村義哉氏は、

「若年層にリーチできるスクリーンとしてスマートフォンは無視できない状況であることは広く認識されていることですが、若年層以外の年代でもその利用がスマートフォンにシフトしてきているカテゴリがあることは注目すべきポイントです」

とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中