ミュージシャンの大滝詠一、死去 はっぴいえんど元メンバー

印刷

   伝説的ロックバンド「はっぴいえんど」元メンバーの大滝詠一さん(65)が2013年12月30日17時すぎ、東京都瑞穂町の自宅で倒れ、病院に運ばれたが間もなく死亡したことが31日、分かった。

   複数報道によると、一緒にいた大滝さんの家族は「リンゴを食べていてのどに詰まらせた」と話しているといい、救急搬送の際にはすでに心肺停止状態だったという。

   大滝さんは岩手県出身。早稲田大学に入学後、細野晴臣さんと知り合い、「はっぴいえんど」として1970年にデビューした。日本語ロックの先駆けとして注目を集め、その後の音楽にも大きな影響を与えた。

   73年には、自らのレコードレーベル「ナイアガラ・レーベル」を設立。81年には、大滝さんによる7枚目のシングル「君は天然色」がヒットを飛ばし、同曲を含む全10曲を収めたアルバム「A LONG VACATION」は日本レコード大賞のベストアルバム賞を受賞している。また、97年に発表したシングル「幸せな結末」は、SMAP・木村拓哉さん主演のドラマ「ラブジェネレーション」の主題歌としてミリオンセラーを達成した。

   所属事務所のソニー・ミュージックレコーズは31日、大滝さんの死因について解離性動脈瘤だと発表。通夜、葬儀など、今後の対応は現時点では未定だという(16時15分追記)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中