「亞堕夢(アダム)」や「優万旗(やんた)」 ありがた迷惑な「キラキラネーム」推しに苦悩

印刷

   「姫星(きてぃ)」「礼(ぺこ)」など、当て字や字のイメージだけで読ませる個性的な名前「キラキラネーム」が増えている。問題視されることも多いが、こうした名前を付けたがるのは何も親だけではないようだ。

   インターネット上には、親戚やママ友から「キラキラネーム」を「ゴリ押し」されて悩んでいるとの書き込みが見つかる。2013年12月13日には、親戚が姉夫婦に「優万旗(やんた)」と付けるよう提案したというスレッドが立ち、注目を集めた。

「うちの子が『イブ』だからお宅の子は『アダム』にして」

2013年度の名づけランキングは「悠真」と「結菜」
2013年度の名づけランキングは「悠真」と「結菜」

   書き込み主の説明によると、姉夫婦はもともと「聡(さとし)」という名前を付けようと考えていた。聡明な子に育ってほしいという意味を込めていて、画数もよかったのだという。しかし、親戚一同は首を横に振った。「そんなありきたりな名前をつけるなんて」「名前は親が子供に最初にプレゼントするもの。そのプレゼントがよくあるものとは…」と口々に反対し、書き込み主と姉の両親ですら「もうちょっと今風のほうがいい」と意見したというのだ。

   そこで親戚が代替案として持ってきたのが「優万旗」――なんとこれで「やんた」と読むという。「優(やさ)しい」の「や」、「万(まん)」の「ん」、「旗(はた)」の「た」を取って「やんた」と読ませるものだと推測される。ちなみに「やんた」という言葉は東北地方の方言で「いやだ」という意味があるようだが、「優万旗」に込められた意味は書き込み主にも分からないそうだ。インターネット上では、あまりにもありがた迷惑な親戚の行動に「親戚の縁とサヨナラバイバイするしか無い」「姉夫婦にげてー!」「優万旗は間違いなくいじめられる」「まともな命名に向かっていちゃもんはありえないwww」などと批判的なコメントが数多く寄せられている。

   キラキラネームにまつわる有名エピソードのいくつかはバッシングのための作り話だという説が浮上していることから、今回もネタだという可能性は否定できない。だが、インターネット上では周囲に「キラキラネーム」を勧められて困っているという例は他にも見つかる。2012年には、妊娠中の女性がインターネット上で悩みを告白していた。夫や両親と決めた名前候補を近所のママ友達に話したところ、それを耳にしたのか、近所に住む子持ちの女性が自宅までやってきて「うちの子が『イブ』だからお宅の子は『アダム』にして」と突然提案してきたのだという。漢字は「亞堕夢」だ。後日、ママ友達に話をきくと、この「イブママ」は他の妊娠中の女性たちにも同様に「亞堕夢」を勧めていたのだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中