2019年 12月 14日 (土)

「新幹線で騒ぐ子供には睡眠薬を」「正月に帰省する必要なし」 ホリエモンの「ツイッター」が年明けから「絶好調!」な理由とは

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ホリエモンこと堀江貴文さん(41)のツイッターが年明けから連日のように炎上を繰り返している。新幹線に乗っている子供が騒いだ時には舌打ちをしていいし、騒がないように睡眠薬を飲ませたほうがいい、といった発言や、正月に帰省するような習慣は止めたほうがいい、などの発言からだ。

   炎上に参加している人たちは、ホリエモンの主張全てに賛同できないわけではないが、常に上から目線で相手をバカにしている態度が鼻につく、と思っていたり、新刊本「ゼロ」などを売るためにわざと過激な発言をする「炎上商法」を仕掛けている、などと反発しているようだ。

「余計なツッコミいれるなカス野郎」と激怒

   ホリエモンのツイッターはフォロアーからの質問や意見に返答する形で書いているのが特徴だ。自身が出した本や出演する番組のPRにも積極的だ。そして2014年1月5日にはこんなやり取りがあった。新幹線に乗っていた時に子どもが泣いていて、隣の席の女性がうるせーな、と言いながら舌打ちしていたが、そういう女性は新幹線という公共交通を使わず車で移動すべきだ、というフォロアーからの提案に対しホリエモンは、舌打ちくらいはいいと思うし、口に出すくらいがストレス解消になって丁度良い。

「だから、毒吐いて怒りを終了させる。それでいいじゃん」

   また、子供が泣いたり騒いだりすることが分かっているのなら、睡眠薬など薬を使うのもいいと主張した。

   フォロアーから睡眠薬を飲ませるなどとんでもない、と返されると、

「あんたみたいなひとがいるから困るんだよね」
「アホだな。思考停止」

と貶した。また、2年ほど子供を育てた経験があるとホリエモンが説明している途中に、「2年じゃ育てたうちに入らんな」と突っ込みを入れられ、

「赤ちゃんの、泣き声対策の話をしてるのに。余計なツッコミいれるなカス野郎」

などと激怒する一幕もあった。

   そして翌日の1月6日に「炎上」したのは、先の子供の議論の続きからだった。子供を連れて正月に帰省するときにどうしても新幹線を使わざるを得ない、という意見に対しホリエモンは、

「帰省って仕方ない理由なん?www」
「いや、帰省を必ずしなきゃいけないの?って言ってるの」

と話題を変えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中