ドコモが2年ぶり首位 「iPhone効果」で純増

印刷

   携帯電話大手3社は2014年1月10日、13年12月の携帯電話契約数を発表した。NTTドコモは新規契約数から解約数を引いた「純増」でトップ(27万9100件)となり、11年12月以来、2年ぶりの首位になった。

   クリスマス商戦に加え、品薄だったiPhone(アイフォーン)が安定供給されるようになったことが、好調の要因とみられる。ソフトバンクモバイルは2位(22万4300件)、KDDI(au)は僅差で3位(22万2600件)だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中