2022年 12月 4日 (日)

ウソついているのは大沢か喜多嶋か 実子騒動、「でっち上げ」発言でドロドロ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   元「光GENJI」の大沢樹生さん(44)と女優の喜多嶋舞さん(41)との間に生まれた、17歳の長男の「父性確率0%」騒動について、ついに喜多嶋さん本人と父親の修さんが反論に出た。

   大沢さんの発言を真っ向から否定するもので、明確にどちらかが嘘をついていることになる。

「なぜ、事実ではないことをあそこまで平然と言えるのか」

   2014年1月14日発売の週刊誌「女性自身」では、舞さんの独占取材が掲載されている。「なぜ、事実ではないことをあそこまで平然と言えるのか」「息子の発言がまるでデタラメのような言われ方をされていたのも許せない」と「大沢さんが嘘をついている」という主張だ。

   舞さんによると、13年4月に大沢さん側の弁護士から「息子のことで打ち合わせをしたい」と書面で連絡があった。喜多嶋さん側の弁護士に話を聞きにいってもらうと「DNA鑑定の結果、A(息子)と大沢さんは親子関係にない」と伝えられ、実の父親の名前まで出たというのだ。

   大沢さん側から「鑑定の結果を認めないと息子に会わせられない」「鑑定書があるんだから、どうにかしてくれ」と言われ、「そんな父親の元に置いておくことはできなかった。そんなふうに振り回される息子がかわいそうすぎる」と思い、親権の変更に踏み切ったという。

   話し合いを進めるうち息子と会うことができた喜多嶋さんは、大沢さんの了承を得て2人で両親の住む米ロサンゼルスへ。外国への憧れもあった息子は次第に「ここで挑戦してみたい」と決意するようになった。喜多嶋さんの両親に親権を移した理由は、現地で生活するにはビザの取得が必要となるため、「アメリカで長く生活したいという本人の願いをかなえるための養子縁組」としている。

   ロスにいる間に大沢さん側からは、「親権者変更の申し立てをするので、Aを二度と家に帰さないでほしい」と連絡があったという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中