2019年 2月 18日 (月)

過去の佐川急便1億円借入問題がぶり返す 細川元首相側「全額返した」に疑問の声も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

問題が再燃するかは、細川氏の釈明次第に

   報道によると、みんなの党の渡辺喜美代表は、2014年1月11日の会見で、細川護煕氏について、「もらったのか、借りたのかはっきりしないまま辞めた。20年前でも覚えている人がいるのだから、当然問題にならざるを得ない」と疑問を呈した。

   細川氏自身は、まだこの問題について出馬表明後に釈明していない。しかし、細川氏の佳代子夫人は、地元熊本で12日に行った講演後に、マスコミの取材に応じた。佳代子夫人はそこで、1億円について、「全部返しました」「ほかに言いようがないじゃないですか」と説明し、都知事選への影響を問われると、「全然」と明確に否定した。

   今後、この問題がどうなるかはまだ不透明な状況だが、細川氏の釈明内容にもよりそうだ。

   一方、出馬表明した舛添要一氏についても、自民党は、舛添氏が離党したときの経緯などにわだかまりがあるようだ。前出の深谷隆司氏もブログで、「今名前の出ている人で、是非応援したいという人物は、残念ながら見当たらない」と不満を述べている。

   今回の都知事選では、舛添氏らも、細川氏同様に脱原発を主張しており、ネット上では、争点が明確にならずに投票率が下がる懸念の声も漏れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中