浜松ノロ集団感染 製パン会社従業員3人からウイルス検出

印刷

   浜松市で小学校の児童がノロウイルスに集団感染した件で、問題の給食用食パンを製造した「宝福」の従業員3人からノロウイルスが検出された。親会社「ヤタロー」(浜松市)が2014年1月19日に発表した。

   ウイルスが検出された3人は自覚症状がない状況だが、出勤停止の対応を取るとした。工場は1月17日20時から営業を停止している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中