ドーピング問題の番組で浅田真央の映像使用 NHKがホームページで釈明

印刷

   ドーピング問題を扱ったNHK番組「クローズアップ現代」の中で、フィギュアスケートの浅田真央選手の映像が使われたと、ネット上などで批判される騒ぎが起きた。これに対し、NHKは2014年1月21日、番組ホームページで事情を釈明した。

   それによると、20日放送の「クローズアップ現代」で浅田選手の映像を使用したことについて、「番組の中で、ソチオリンピックが近づいていることを紹介するために、オリンピックに出場する選手の映像を使用しました」と説明した。そのうえで、「これらの選手は、ドーピング問題とは全く関係ありません」と強調している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中