2018年 8月 17日 (金)

世界卓球団体戦 女子代表は「サーサーサージャパン」と命名

印刷

   日本卓球協会は2014年1月21日、「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」(4月28日-5月5日)の代表メンバーを発表し、水谷隼選手、福原愛選手ら男女各5人が選出された。女子では全日本選手権女子シングルで準優勝した高校生の森さくら選手も初出場する。

   複数メディアによると、男女チームのキャッチフレーズを聞かれた際、倉嶋洋介男子監督は現在の日本の最強男性メンバーが揃っているという意味で「最強ジャパン」と命名、女子代表の村上恭和監督は、「サー、サー」と声を出すメンバーが多いことから「サーサーサージャパン」と命名したという。

   村上監督は「適当に思いついただけなので、記事にはしないでください」と前置きしたそうだが、タイトルに使ったメディアも多くインターネット上ではさっそく話題になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中