世界卓球団体戦 女子代表は「サーサーサージャパン」と命名

印刷

   日本卓球協会は2014年1月21日、「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」(4月28日-5月5日)の代表メンバーを発表し、水谷隼選手、福原愛選手ら男女各5人が選出された。女子では全日本選手権女子シングルで準優勝した高校生の森さくら選手も初出場する。

   複数メディアによると、男女チームのキャッチフレーズを聞かれた際、倉嶋洋介男子監督は現在の日本の最強男性メンバーが揃っているという意味で「最強ジャパン」と命名、女子代表の村上恭和監督は、「サー、サー」と声を出すメンバーが多いことから「サーサーサージャパン」と命名したという。

   村上監督は「適当に思いついただけなので、記事にはしないでください」と前置きしたそうだが、タイトルに使ったメディアも多くインターネット上ではさっそく話題になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中