2018年 8月 19日 (日)

都知事選、ネット解禁で「選対内紛」も「可視化」 細川陣営「解任」報告、田母神陣営「追放されました」

印刷

   ネット選挙の解禁で、選対本部の中もある程度可視化されつつあるようだ。2014年2月9日投開票の東京都知事選では、複数の陣営から「解任」「追放」といった、物騒なツイートも発信されている。

   今回の都知事選は、選挙期間中の候補者や政党によるネット利用が解禁された13年7月の参院選の次に行われる大規模な「ネット選挙」でもある。

上杉隆氏「『報道担当』解任、即『ネット戦略担当』に就任しました」

千代田区内のポスター掲示場。複数の陣営の「中の人」のツイートが波紋を呼んでいる
千代田区内のポスター掲示場。複数の陣営の「中の人」のツイートが波紋を呼んでいる

   告示前日にあたる1月22日には、細川護煕候補の陣営で異変が起きた。

「細川護煕会見中。直前に『報道担当』を解任されたため事務所でニコニコを見る素敵な夕刻…」
「『報道担当』解任、即『ネット戦略担当』に就任しました」

   このツイートをしたのは、「ジャーナリズム崩壊」 (幻冬舎新書)などの書著で知られる上杉隆氏。「報道」の肩書き入りの選対事務所の名刺とともにツイートした。上杉氏は1月19日には、かつて秘書として仕えた鳩山邦夫衆院議員の自宅写真とともに、

「仁義を切らせていただきました 15年ぶりの都知事選挙に参戦します メディア関係のみなさま、本当に申し訳ございません」

とツイートしたばかりで、わずか3日で「何か」が起こったことになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中