2018年 7月 20日 (金)

「内容薄い」コピペサイトにペナルティ Googleがアフィリエイト運営者に警告

印刷

   検索サイト大手の米Googleが、無断転載や内容の薄いウェブコンテンツに対して、ウェブサイトで改めて警告した。アフィリエイト広告による収益を目的に、他サイトのコンテンツをコピーしたり、同じような内容のサイトを量産したりするサイト管理者が後を絶たないからだ。

   品質に関するガイドラインを再提示し、サイトを検索できなくするペナルティもあると言っている。

サイトの付加価値が問われる

   英語のウェブマスター向け公式ブログに2014年1月27日、「アフィリエイトプログラムと付加価値」という題の記事が掲載された。Googleではこれまでも内容に乏しいもしくは無断転載など、十分な付加価値のないサイトを運営することに対して、ガイドラインなどを通じて警告してきた。

   公式ブログによると、多くの動画サイトで最近こうした動きが見られ、特にアダルト業界が当てはまるが、それ以外の業界でも同じだ。これらのサイトでは数百や数千ものサイトと同じ、アフィリエイトプログラムによるコンテンツを掲載しているという。

   情報のまとめをメインにしたサイトも増えているが、自分のサイトに付加価値があるかどうかを確かめる質問が紹介されていた。

「オリジナル情報源の代わりに検索結果として表示されても、ユーザーが訪れたくなるほどの大きな付加価値がサイトにある?」

   これが「NO」ならばガイドラインに違反している可能性があり、検索結果の質を維持するため、検索エンジンの登録を削除することも含め対応することがあるという。

   増え続けるウェブ上のスパムサイトをGoogleはアルゴリズムで自動検出している。アルゴリズムに改良を加える「パンダアップデート」の後には、検索順位が大幅に変動するサイトもある。価値のないコンテンツの検索順位が下がり、反対に「質が高い」と見なされたものは上位に表示される。

   アルゴリズムだけでは対処できない分は手動で対策が行われ、質問や解答などを投稿したりする、ヘルプフォーラムでは「ペナルティを受けた」という報告例が少なくない。2013年8月の日本語版公式ブログによると、手動でインデックスから削除されるドメインは2%に達していないものの、アフィリエイトサイトにとっては大打撃だ。

2ちゃんまとめサイトにも影響?

   乱立する2ちゃんねるまとめサイトは、同一スレッドをもとにほぼ同じ内容のまとめ記事が大量に作成され、ピックアップする書き込みにわずかな違いがあるだけで、付加価値を加えにくい。Googleのガイドラインでは「内容の薄い」アフィリエイトサイトの例として、

「・他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
   ・ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト」

などが挙げられている。実際、ペナルティを受けてインデックスから削除されたというまとめサイトもある。

   マスメディアでも取り上げられるなど、近年まとめサイトの影響力は強まっているが、一方では検索結果に同じような中身のサイトが並ぶことへの不満もあった。

   ネットではGoogleのペナルティ対応について、

「2chコピペブログとか消えるのかな」「人を増やしてじゃんじゃんやって欲しい」「検索すると同じ内容のまとめが引っかかりすぎて邪魔なんだよな。もっと駆逐してくれ」

と歓迎する声が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中