2019年 8月 23日 (金)

消費税上げても国の財政は大赤字 2020年収支は11.9兆円の赤

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

新たな減税をできるような状況ではない?

   税制についても不確定要素が大きい。安倍首相は2015年の消費税率10%への引き上げを今年年末までに判断するとしている一方、法人税減税に意欲を見せている。消費税率引き上げ見送り(先送り)や法人税減税は、いずれも税収の見通しを引き下げ、財政赤字を一段と膨らませることになりかねない。

   安倍首相は、異次元緩和で好景気を持続させつつ、構造改革も進めて成長率を高め、それによって税収を増やして財政を再建しようという「上げ潮派」とみられている。だから「消費税を場合によっては上げない、また法人税を引き下げるという選択肢は離さないだろう」(財務省筋)。しかし、今回の試算は、財政の実態が、新たな減税をできるような状況でないことを示している。「財政の持続可能性を維持するためには、税収をあてにするだけではなく、歳出への思い切った切り込みが、やはり欠かせない」(エコノミスト)のは間違いないだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中