2019年 4月 21日 (日)

NHK経営委員発言がまた波紋 右翼拳銃自殺を「神にその死をささげた」と称賛

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   NHKの経営委員を務める埼玉大学名誉教授の長谷川三千子氏(67)が文集に寄せた文章が波紋を広げている。拳銃自殺を称賛している上、象徴天皇制を否定するともとれる内容だからだ。

   長谷川氏を経営委員に任命したのは安倍政権だが、発言については事実上「ダンマリ」を続けている。

「野村秋介は神にその死をささげたのである」

   文集は1993年10月20日に朝日新聞社東京本社の応接室で拳銃自殺した右翼団体幹部、野村秋介氏(当時58)の没20年を機に、13年10月に発行された。

   寄稿は旧仮名遣いで、

「野村秋介氏が二十年前、朝日新聞東京本社で自裁をとげたとき、彼は決して朝日新聞のために死んだりしたのではなかつた。彼らほど、人の死を受け取る資格に欠けた人々はゐない。人間が自らの命をもつて神と対話することができるなどと露ほども信じてゐない連中の目の前で、野村秋介は神にその死をささげたのである」

と、朝日新聞を非難しながら拳銃自殺をたたえた。その上で、

「わが国の今上陛下は(「人間宣言」が何と言はうと、日本国憲法が何と言はうと)再び現人神となられたのである」

と、憲法が定める象徴天皇制を否定した。

   野村氏をめぐっては、「週刊朝日」1992年7月24日号の風刺画コーナー「ブラックアングル」で、当時野村氏が率いていた政治団体「風の会」を念頭に「虱(しらみ)の党」という表現を用いたことが問題にされた。野村氏側は抗議し、週刊朝日は12月18日号で編集長名の「おわび」を掲載したが、翌93年に入ってからも話し合いが続いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中