「耳が聞こえないのは本当」 佐村河内氏の代理人弁護士が反論

印刷

   別人に作曲させていた佐村河内守氏(50)が耳は聞こえていたかについて、代理人をしている折本和司弁護士は2014年2月6日夜、報道陣に対し、「耳が聞こえないのは本当だろうと思っています」と説明した。

   ゴーストライターをしていた桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)がこの日の会見で明かしたことに反論した形だ。佐村河内氏が、聴覚障害2級の身障者手帳持っていることについても確認したという。折本弁護士は、新垣氏の唇の動きが非常にゆっくりしているとして、「彼との間では会話は手話なんかは使わなくても成り立つ」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中