フィリピン大統領、中国をナチスに例えて支援を求める

印刷

   フィリピンのアキノ大統領は2014年2月4日に掲載された米ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、南シナ海での活動を活発化させる中国に対抗するため、各国に支援を求めた。アキノ大統領は、第2次対戦前の1938年、ナチス・ドイスにチェコスロバキア・ズデーテン地方の併合を認めて戦争を防ごうとした宥和政策が奏功しなかったことを指摘し、早急に国際社会が中国に圧力をかけるように求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中