2018年 12月 10日 (月)

佐村河内氏「3年前に聴力回復」本当か 耳鼻科医「信じられない奇跡といっていい」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   別人に作曲させていた佐村河内守氏(50)が、耳が聞こえなくなった後に回復したと発表して、そんなことがあるのかと話題になっている。

   曲を提供していた新垣隆氏(43)は、佐村河内守氏について、「耳が聞こえないと感じたことは一度もありません」と明かして物議を醸した。一方、佐村河内氏は2014年2月12日になって、一連の騒ぎをマスコミあての手紙を通じて謝罪するとともに、新垣氏の主張に反論した。

「あれ?治らないから障害なんじゃないの」

   その手紙では、佐村河内氏は、耳がまったく聞こえなくなったのは事実で、最も重い2級の身障者手帳を取得した後も、ひどい耳鳴りに悩まされ続けていたとした。しかし、3年ほど前からは、体調に左右されるものの、「耳元で、はっきり、ゆっくりしゃべってもらうと、こもってゆがむ感じはありますが言葉が聞き取れる時もあるまでに回復していました」という。

   代理人の弁護士は、耳は聞こえないと思うとしていたが、佐村河内氏は、バレることの影響を気にして本当のことが言えなかったと釈明した。そのうえで、「耳のことについては、専門家によるきちんとした検査を受けてもいいです。その結果二級ではないと判定されたのなら手帳は必ずお返しいたします」とつづっている。

   こうした主張について、ネット上では、疑問の声が相次いでおり、「あれ?治らないから障害なんじゃないの」「この期に及んでまだ嘘つくのか」といった指摘が出ている。さらに、「こう来たか…って感じ 昔から嘘ついていたってのを証明するのは難しいからな」とうがった見方まであった。

   報道によると、佐村河内氏の弁護士は、耳鼻科の専門医に見解を聞いたとして、「器質的な原因で聴力が2級相当まで失われているのであれば、それが限定的とはいえ、言葉が聴き分けられるまで回復する可能性は低いのではないか」と言われたことは認めた。その一方で、「原因が精神的なショックによるものであれば、そういったこともあるかもしれない」との説明を受けたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中