2018年 7月 23日 (月)

MRJ、飛行試験は名古屋と北九州で 生産体制を発表

印刷

   三菱重工業は2014年2月12日、15年の初飛行を目指す小型旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の飛行試験を名古屋空港(愛知県豊山町)と北九州空港(北九州市)で行う方針を発表した。胴体と主翼は大江工場(名古屋市)と飛島工場(愛知県飛島村)、尾翼は松阪工場(三重県松阪市)でそれぞれ組み立て、最終組み立ては名古屋空港周辺で行う。空港周辺に新工場も建設する。現時点では165機の受注が確定しており、17年4~6月に初号機の納入を目指す。日本の航空会社では、全日空(ANA)がMRJの導入を決めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中