内閣府職員漂着死「今のところ事件性なし」

印刷

   韓国に出張していたはずの内閣府の職員(30)が、福岡・北九州市の海に韓国製のモーター付きのゴムボートで漂着、遺体で見つかった問題で、海上保安庁の佐藤雄二長官は2014年2月19日、定例記者会見で「現在のところ、事件性を疑わせるような事実は入手していない」と話した。今後も引き続き捜査を進めるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中