橋下市長が自動失職、出直し選は3月23日投開票

印刷

   大阪市の橋下市長が2014年2月27日0時に失職した。橋下市長は2月7日に辞表を提出し2月15日付で辞職を希望していたが、市議会が辞職に同意しなかったため、「辞表提出から20日後」の自動失職を定めた地方自治法の規定で失職した。在職日数は11年12月19日から801日だった。

   出直し市長選は3月9日に告示、23日に投開票される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中