2018年 7月 23日 (月)

三越、紙袋を「友禅デザイン」に一新 57年ぶり

印刷
4月から採用される紙袋は友禅訪問着のデザインを反映している
4月から採用される紙袋は友禅訪問着のデザインを反映している

   三越は2014年4月1日から紙袋のデザインを一新する。親会社の三越伊勢丹ホールディングスが2月27日発表した。1904年に日本初の「デパートメントストア宣言」を発表して110年が経つのを機に、57年ぶりの変更を決めた。

   新デザインは、友禅作家で人間国宝の森口邦彦氏が担当。たわわに実るりんごをモチーフにした友禅訪問着のデザインを反映させた。

   現行の紙袋は、白地の中央に赤、紺、青を配したデザインで、1957年に登場。中央には、かつて三越社員だった故・やなせたかしさんが描いた「mitsukoshi」の文字があしらわれていた。1950年に登場した包装紙は引き続き使用される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中